蜂を発見したら即対処を|プロの害獣駆除術|目からうろこの対策方法とは

プロの害獣駆除術|目からうろこの対策方法とは

蜂を発見したら即対処を

ハチ

どのように巣を取り除くか

蜂はどこで姿を見かけてもおかしくはありませんが、自分の家や日常で使う場所で、蜂の巣を作られてしまうと困ります。蜂の防衛本能で、蜂の巣に近づくものを刺すかもしれないからです。蜂の中にはスズメバチのような危険な種類もいますから、蜂の巣を取り除きたいのであれば、素人が手を出すよりも、知識と経験豊富な専門業者に依頼するのが確実といえます。では、業者はどのように蜂の巣を取り除くのかというと、よく用いられるのが煙を使って蜂をおとなしくさせた後に、蜂の巣を駆除する方法です。なぜ煙が駆除に使われるのかというと、蜂が煙を吸うと短い時間ですが気絶させることが出来るからです。もちろん、業者の中には殺虫剤で駆除することもありますが、蜂を生きたままとらえて食用として売ったり加工したりすることを考えて、出来るだけ自然な方法で蜂を無力化して、蜂の巣を駆除することが多いのです。

業者に頼む料金

蜂の巣を個人で依頼するのであれば、基本的には有料で仕事をしてもらうことになりますが、自然に発生する脅威ですから、自治体に連絡して駆除してもらうということもできます。業者に料金を支払う場合には、数千円から数万円の駆除費用が必要となるわけですが、自治体が対応してくれる場合には無料で駆除してくれる場合もあります。有料の業者に比べて無料の業者のほうが仕事がいい加減だということもなく、その費用は自治体が出していますし、蜂の巣を駆除した後の蜂や蜂の子を売って収入を得ることもできますから、業者も損をするわけではないのです。また、最近絶滅の危機にあるニホンミツバチを保護するために活動しているボランティアもいます。とりあえず、まず自治体や蜂を保護するボランティアが無料で蜂の巣を駆除してくれるかを確認して、無理でならば有料の業者に依頼すれば余計な出費を抑えることが出来ます。