プロの害獣駆除術|目からうろこの対策方法とは

巣を駆除する方法

蜂

スズメバチ以外の蜂の巣で、作りはじめの小さい巣なら殺虫剤を使って自分で退治できます。スズメバチや大きい巣の場合、危険なので専門業者に頼むのがベストです。その際、悪徳業者に騙されないよう気をつけましょう。

More Detail

蜂を発見したら即対処を

ハチ

蜂の巣を駆除するときには、煙を使って蜂を気絶させ、その間に蜂の巣を取り除くという方法が良く取られます。そして駆除作業は、自治体やボランティアが無料でやってくれる場合もあれば、有料で依頼しなければいけない場合もあるのでよく調べてから依頼することです。

More Detail

特定から対策まで

メンズ

とりあえず依頼

もともと日本に生息していない外来種の動物が、日本国内で増殖している現状があり、各地で農作物を荒らしたり、固有種を絶滅の危機に追い込んでいます。特に、農家にとっては、その被害は放っておけない状況になっており、それぞれが対策を行っておりますが、この流れは変わっていません。自治体が対策に乗り出している地域もありますが、コスト面からも十分な効果が出るには至っていません。日々、被害が発生し、収入の減少に直結しかねない状況においては、各個人で対策を練っていき、害獣駆除を行っていく必要があります。策を立てたり、捕獲罠を仕掛けたり、といった対策が行われていますが、対象となる害獣を特定できず、十分な効果が出ていない場合のあり、専門知識のある害獣駆除業者に期待が集まってきています。

さまざまな手段で対応

害獣駆除業者は、残された痕跡を基に、どんな種類の害獣かを特定していき、それぞれに合った対策を進めていくことになります。この特定するにあたっては、害獣駆除業者は数々のデータを持っており、その資料と現場に残された情報を照合していきます。足跡、毛といった身体的な情報に加え、糞、臭い、食べかすの状態などを目ざとく見つけ、特定を進めていきます。そして、その害獣に対して有効な手段を決められた予算の中から選び、実行していくわけです。さらに、これらの情報が十分に集まらなかった場合には、依頼者への聞き取り調査はもちろん、周囲での被害状況を確認を行うこともあります。さらに暗闇でも見ることのできる暗視カメラで動画撮影をし、特定や対策を進めていくことも出来、確実に解決に近づけていくことができます。

見積もり無料

ねずみと猫

家や店舗に害をもたらすネズミを退治する際には、ネズミ駆除の専門家に依頼するのが良いでしょう。現地調査により現状把握をした上で、適切な対応策を練っていきます。見積書もしっかりと作成するので、明朗会計です。ネズミが再発生した時にも、アフターケアしてくれるという安心感があります。

More Detail